海外で安くネットに接続する方法、wifiレンタルとSIMフリー、どっちがお得!?(SIMフリー端末がない場合)

フリーランンスの良いところ、在宅ワーカーの特権の1つが

「海外でもネットがつながれば仕事ができちゃう!」ということ!

だから長期滞在も可能だし、海外にいながらにしてお金を稼げるんですよね~~!

というわけで、海外で仕事をするフリーランスや、そういう生活に憧れるフリーランス&在宅ワーカーのたまごは多いと思います。

 

で、このときに。忘れてはならないのが「現地でどんな風にネット接続をするか」です。

日本にいれば当たり前に接続できるスマホも、海外ではちょっと事情が変わります。

海外で安くネットに接続するためのおすすめの方法をお伝えします。

海外でもスマホでネットに接続したい

海外にももちろんスマホを持っていきますよね。

ホテルの中でならフリーWi-Fiが使えることがほとんどなので、仕事にも差し支えないため安心です。でも仕事の合間に観光するとき、ホテルの外に出たときが問題。観光している間はホテルのWi-Fiが使えません。

国内旅行ならキャリアの電波をたいていの場所で拾えるので特に問題なくネットに接続し、道順やおすすめのお店、観光名所などをチェックできますが、海外ではそうはいかないのです。

多くの日本人が分厚い旅行用ガイドブックを買って持ち歩きます。けれどガイドブックはとても重いしかさばるので荷物になってしまいます。ガイドブックは持たず、ネットでチャチャっと情報を検索しながら観光できるのがとても手軽で理想的です。

また素敵な写真が撮れたらすぐにFacebookやインスタにアップしたいという人も多いでしょう。

やはり、海外でも日本にいるときに同じようにネット接続できるのが理想です。

ところで日本で使っているスマホって、海外でも普通に接続できるのでしょうか。

海外でネットに接続すると通信費がバカ高い!

docomoやau、softbankなどの大手キャリアのスマホは国際ローミングに対応しているため、海外でも問題なくネット接続をすることが可能です。国際ローミングとはそれぞれのキャリアが各国の通信会社の回線を借りて通信をすること。分かり易くいうと、日本に旅行に来た外国人が、自国で使っていたスマホで自国の通信会社との契約をしたままdocomoの回線を借りてネットに接続する、という感じです。

事前の設定が必要ですが、飛行機の搭乗を待っている時間にパパッと済ませることができる簡単なものとなります。

しかし、当然ながら国内の通信とは違うので、パケ・ホーダイやデータ通信定額サービスに加入していてもプラスアルファの利用料が必要です。

海外でデータ通信をした場合、料金はいくらかかるのでしょうか。

docomo
海外パケ・ホーダイ 1日2,980円(24.4MB までなら1,980円)
au
海外ダブル定額 1日2,980円(24.4MB までなら1,980円)
softbank
海外パケットし放題 1日2,980円(25MB までなら1,980円)

どこもほぼ同じ値段設定です。

これを見て

「セーブして使えば1日約2,000円か、なら、キャリアの国際ローミングを使えばいいかな」

と考えたあなた。甘いです!

25MB ってあっという間です。

スマホで撮影する写真1枚がだいたい1M~2M。15枚くらい撮って送信したらそれだけで25Mに到達します。

また画像の多いサイトなら1ページ閲覧しただけですでに数MB使っている、ということにもなります。

1週間の滞在で月のスマホ代金が4万円

筆者も以前海外に旅行をした際、海外での通信方法について甘く考えていてしっかり調べるということをしませんでした。

「ホテルの外ではできるだけネットは使わずに、必要な時だけローミングを使えばいい」

と考えていたのですが、結局何やかやとネットにつなぐことが多く、毎日簡単に25MBを突破。約1週間滞在して帰国し、その月のスマホ料金の請求額が、日本で通常使用していた分と国際ローミング分合わせて総額で約4万円という恐ろしいことになっていました。海外でのスマホ接続分だけで3万円近く使ったことになります。

1日約3,000円を約1週間ですから当然の結果ですが、請求書を見た時の

「やってしまった……なぜもっと、ちゃんと調べてから旅行にいかなかったんだ!」

という無念さは筆舌に尽くしがたいものがありました。

教えて!海外でネットに接続するならどんな方法が安いの?

こんな苦い思いをした筆者が気になったのは、他の人たちは海外ではどうやってスマホを使っているのだろうということでした。
そんなわけで、友人知人に海外でのネット接続、どうしているのかを聞いてみました。

フリーWi-Fiだけを利用する

海外旅行が好きな友人複数に「海外でのネット接続をどうしているか」と尋ねたところ、揃って

「3GとLTEの接続を切って、Wi-Fiでしか接続できないようにする。その上でフリーWi-Fiが使えるところでだけ接続する」

という答えが返ってきました。

海外は(国にもよりますが)日本よりフリーWi-Fiが普及していることが多く、多くのカフェやレストラン、駅などで比較的簡単にフリーWi-Fiを使うことができます。

確かにこの方法はとてもリーズナブルですが、主要都市の中心部以外に行く場合はフリーWi-Fiが無いところもあり、不安を感じる方法でもあることは確かです。

何度も行ったことがあり慣れている国や街でなら有効ですが、初めて行く場所では心もとないことは否めません。

SIMフリースマホかSIMフリールーターを用意する

次に、海外旅行が趣味、毎年数回、そして1回の旅行につき1か月は海外に滞在するというライフスタイルを送る友人に「海外で安くネットに接続するにはどうしたらいいのか」という教えを乞うことしました。

突然だけど、しょっちゅう長期で海外に行くでしょ。向こうでネットってどうしてるの?
友人
ホテルならWi-Fiが使えるから問題ないけど、ホテルから出た時が問題なんだよね。街中のカフェとかレストランに入って、フリーWi-Fi飛んでるところ探してなんとかしてる
スマホの海外ローミングは使わないの?
友人
あれって高いじゃない!とんでもない金額になっちゃうよ。今まではホテルかフリーWi-Fiが飛んでいるところ以外では接続しないようにしてた。でも次からはSIMフリーのスマホかSIMフリーのルーターを用意して、向こうでSIMを買おうと思ってるんだ。そしたら現地の通信会社の料金でネットに接続できるからとっても安いよ

友人曰く、海外で他の旅行客(主に欧米人)を見ていると、皆空港でSIMを購入し、自分のスマホに差し替えて、現地でも自由に安くネット接続を出来るように工夫しているそうなのです。

そういえば、確かに海外の空港ではSIMを販売しているカウンターや通信会社のショップがいくつも並び、かなり安い値段でSIMが販売されていました。

 

筆者撮影、クアラルンプールの空港内。SIMカードを購入すると設定までしてくれる

SIMフリーのスマホなら海外でもSIMを差し替えることで、格安の値段でネットに接続することが可能です。

ところが日本で私達が使っているスマホのほとんどはキャリアの規制が入っているためSIMフリーではありません。一部SIMフリーで販売されているスマホを使用している人もいますが、まだまだ少数派だと言って良いでしょう。

またSIMフリーのモバイルルーターを購入し、モバイルルーターにSIMを差して現地の回線を使い通信をするという方法もあります。

この方法ならモバイルルーターを持ち歩かなければいけないのが少し手間ですが、今使っているスマホをそのまま使えますし、スマホとタブレットの2台持ちをしている人や家族で旅行をするという人は1台のルーターがあればみんなで使うことができるので便利です。

レンタルwifiを利用する

SIMフリーのスマホやルーターを用意するのもいいけど、その端末を買うのにコストがかかるよね
友人
1万円くらいで買える機種もあるよ。でもその費用がもったいないっていう気持ちもわかる。そうしたらレンタルWi-Fiがいいかもね
あ、ネットの広告で見たことある。空港にもカウンターがあるよね
友人
スマホキャリアの国際ローミングを使うくらいなら、レンタルWi-Fiのほうがずっとお得だよ

レンタルWi-Fiは日本ですでにSIMが挿入されたWi-Fiルーターを借り、それを海外に持っていくとそのまま海外のネットワークを使ってネットに接続できるという代物です。

1日数百円から使えるのでとてもリーズナブルでお得です。

前回、携帯キャリアからローミング代金約3万円の請求がきた旅行で、仮にレンタルWi-Fiを使っていたら、と金額をシミュレーションしてみたところ、5,000円ほどの出費で済んだことが分かりました。

レンタルWi-Fiを借りていたら、浮いたお金でもっと長く滞在できたのに!と悔しいことしかりです。

SIMフリー端末を使うのが得な人とレンタルwifiを使うのが得な人

さて、海外でリーズナブルにネット接続するためにはSIMフリーのスマホやルーターなどの端末を使うほか、レンタルWi-Fiを使うという手がありますが、どちらがよりお得なのかと気になる人もいるでしょう。

どっちがお得なのかはその人の旅行スタイルによって違います。

SIMフリー端末を使うのがお得な人

レンタルWi-FiではなくSIMフリー端末を購入して、現地でSIMを買うのがお得な人は、現時点ですでにSIMフリー端末を持っている人、もしくは海外に行く機会が多く、長期滞在する人です。

しょっちゅう海外旅行に行く、一度行ったら1週間以上は滞在するという人はSIMフリー端末を持ちましょう。海外のSIMの値段は日本とはくらべものにならないくらい格安です。驚くほどリーズナブルにインターネット接続をすることが可能です。

レンタルWi-Fiを使うのがお得な人

SIMフリー端末を買わずにレンタルWi-Fiを借りるのがお得な人は、海外旅行に行く頻度が少ない(1年に1回またはそれ以下の頻度)という人や、1回の滞在が短い人です。

また海外でSIMを購入する場合、店員さんと英語でやり取りをし、時には設定方法を教えてもらったりする必要があるため、ある程度の英語力が必要です。

英語に自信が無い人や、自分でSIMを入れて設定できる自信が無い人は、あらかじめ日本で全て設定してくれるレンタルWi-Fiのほうが安心できるでしょう。

レンタルWi-FiかSIMフリー端末か、コストをシミュレーション

例えば、タイに10日間の旅行をする、という過程で比較してみましょう。

海外Wi-FiレンタルのエクスモバイルでWi-Fiをレンタルしようとする場合、エリアによって1日のレンタル料金が違いますが、タイだと1日650円レンタル料がかかります。10日借りると6,500円です。

もし1万円のSIMフリールーターを買ってタイでSIMを購入するとすると、10日(2.5G)で450バーツほどというのが相場です。2017年8月末時点の為替レートでは450バーツは約1,500円。端末代とあわせて11,500円のコストがかかります。

ところがこの旅行に数回行ったとすると

Wi-Fiレンタル
1回 6,500円
2回 13,000円
SIMフリー端末とSIMカード
初期費用 10,000円
1回 初期費用とあわせて11,500円
2回 13,000円

2回の旅行でトントンなのです。
たくさん海外旅行をする人はSIMフリーの端末を持ち、海外でSIMを都度購入したほうが安上がりですが、滅多に海外旅行をしないという人は、レンタルWi-Fiを借りたほうが手軽です。

頻繁に海外に行かないという人には、レンタルwifiがおすすめ!

海外旅行には滅多に行かない、次の海外旅行の予定は当分ないという人でも、携帯キャリアの国際ローミングは非常に割高なので、レンタルWi-Fiの利用がおすすめです。空港で受け取り、そのまま空港で返却できるというプランもあるため、面倒もありません。

レンタルWi-Fiがあれば街中でも日本にいる時と同じ感覚でスマホでネット接続ができますので、道に迷ったときや電車やバスの乗り継ぎを検索したいとき、穴場のカフェやレストランを探したい時も便利です。

スマホさえ繋がれば情報はインターネット上に溢れているのでガイドブックを買う必要も持ち歩く必要もありません。

海外に行くと気づくのですが、分厚いガイドブックを持ち歩いているのはたいてい日本人で、欧米人の観光客はスマホを片手に街を歩いていることが多いのです。

自分の旅行スタイルに合わせ、現地のSIMを調達してSIMフリー端末に入れて使うか、レンタルWi-Fiを借りてスマートに旅を楽しみましょう!

SPONSORED LINK