フリーランスの確定申告、源泉徴収された分ってちゃんと申告してる?

2019年の覚醒申告は2月18日から。毎年書類作成に取り掛かるのは3月半ばに差し掛かってからというギリギリっぷりで作業していたのですが、今年は事情があり本日書類を作成し終わりました。

数字がとっても苦手なので、毎年嫌な汗をかきながら行う作業ですが、さすがにフリーランスになって数年目ともなると、やり方もだいぶ慣れてきました。

確定申告って会社員で収入が1ヵ所からだけなら、会社からもらう源泉徴収通りに入力するだけでとっても楽なんですが、フリーランスになって複数から収入が入ってくると、もう大変!

しかもA社は源泉徴収しているけどB社は源泉徴収していなくて……なんてこともあります。

フリーランスになりたてだと、確定申告書類を作るのが難しい

さて、実は私、フリーランスになった最初の年と翌年、右も左もわからないまま確定申告書類を作り、本当に分かっていなくて

源泉徴収された額を入力せずに申告するというヘマを犯しました。

確定申告すると、会社員ってだいたい1万円くらい戻ってくるじゃない?

だからそんな気分で書類を作ったところ

戻ってくるどころか2万円くらいの税金を納めなくちゃいけないことが判明。

「えぇーーー……フリーランスって、税金面倒だなあ、後から払うのとか本当に嫌!」

なんて思いながら払ったのです。

その翌年、仕事がかなり増え、源泉徴収されている金額もかなりの額になっていました。

確定申告の書類を作り終わったところで

「……はて、この源泉徴収されている金額って、どうすればいいの?」

と、ふと気づいたのです。

だってこれ、すでにクラインとを通じて払っている税金。

絶対に入力するところはると思うけれど……

源泉徴収された分って、確定申告書類のどこに入力すればいいの?

疑問いっぱいで調べたところ、フリーランスになって3年目でようやく分かりました!!!!

確定申告の書類の「事業」左上、「事業」のところがクリックできるようになって

ここを開くと、こんな画面が出てきます。

青色申告の人は、事前に作成した青色申告用の書類を見ながら、ここに営業所得や収入金額を入力します。

で、この画面って下にスクロールできて……

下半分に、収めた源泉徴収金額を入力する欄があるのです!

入力する内容は

  • 種目
  • 名称
  • 場所
  • 収入金額
  • 源泉徴収金額
  • 未納の源泉徴収金額

となっています。

ここに自分が得た収入の明細を入力していくというわけ!

知らなった……知らなかったよ!!!!

取り引き先によっては支払い証明書を1月に送ってくれるので、それを見ながら。送ってくれないところは過去に自分が送付した請求書の控えを見ながら入力していきます。

するとね……

けっこうな金額が、多く納め過ぎた税金として戻ってきます!!!

これを知らなかったばっかりに、フリーランスになりたてだった私はすごくいっぱいのお金を国に払っていたことになります。

確定申告の間違いを修正する

ぶっちゃけて言ってしまうと、フリーランスになって3年目の私の手元に戻ってくる「多く納め過ぎた税金」は約15万円でした。

15万って!!!!

かなりの金額でしょ。

もうビックリしましたよ……

で、そこではたと気づいた。

「過去分を修正したら、それも戻ってくるのでは????」

 

正直、「もう一度計算し直すのか」「もう一回確定申告の書類を作るのか」という面倒が先にたって

きっとけっこうな額のお金が戻ってくるんだろうけど……でも面倒

という気持ちになってしまい、なかなか手を付けられませんでした。

2月3月が忙しかったのもありますけどね。

 

ゴールデンウィーク前になってようやく落ち着いたころ、フリーランス仲間と会ったとき、払いすぎている税金があることを話したところ

「何やってるの!取り戻さなくちゃ!」

と、すごい勢いで背中を押してもらい

「そ、そっか……そうだよね」

と、ようやく修正の書類作成に取り掛かった次第です。

ちなみに間違えた確定申告の修正については、国税庁のページを参照していただきたいのですが、もう全然分からない(だいたい、書いてある言葉が難しい)。

それでもなんとか解読し、修正の申告書を書いた上で、確定申告の縦長の用紙だけ打ち直して書類をまとめて税務署に送りました。

修正の申告をした後、どうなるのか

さて、確定申告を間違えていた旨、そして本当は戻ってくる税金があること、入金して欲しい口座情報を記入した書類を送って……

1週間、

1カ月、

2カ月……

………????

まったく音沙汰がありません。

 

2月や3月に確定申告すると、幾ばくかのお金が戻ってくるじゃない。

あれってだいたい、申告してから1ヶ月後くらいには「振り込みますよ」ってハガキが来て、すぐに振り込まれるじゃない。

だから私もそんな気分で待っていたのだけれど……

ゴールデンウィークに出した修正の申告が

 

初夏になっても

夏になっても

夏が終わっても

 

音沙汰無し!!!!!

 

なんで!?

書類、間違えた???

あまりに間違いがひどくて、黙って破棄されてる????

 

そんな思いを抱えつつ、もう半分諦めていた秋のある日……

税務署から封書が届きました。

開いてみると、やっぱり修正申告書類に複数の間違いがあるというお知らせ。

 

ってか、半年ちかくたってからやっと届いたリアクション………

 

あまりに間違いだらけだったので、もうどうしていいか分からず、とりあえず必要になるだろう書類とハンコ、届いた手紙を持って税務署に行ってきました。

受付で事情を話したところ、優しそうなおじさんが来て、書類の間違いを教えてくれ、その場でどういう風に直せばいいかを教えてくれ、手書きで修正できるところはおじさんと一緒に修正し、数字が変わるところはおじさんが全部入力しなおしてくれて(!)

1時間ほどで、修正が完了( ;∀;)

 

間違いだらけなので冷たく対応されるかなと思い、ヒヤヒヤしながら税務署に行きましたが、すごく優しく対応してくれました……

良かった。

修正の書類が受理されるまでにそれから約1カ月、おおく払い過ぎていた税金が戻るまでにそれからまたさらに1カ月ということで、

5月に行った修正申告した分の税金は、12月に入金されました。

 

いやー、ほんと、時間かかったけど……

戻ってきた金額が金額なので、

面倒だったけれど、修正の申告をして良かったです!

 

ちなみに戻ってきた税金は、ちょうど父の誕生日が近かったこともあったので、旅行にして両親にプレゼントしました。

娘がフリーランスになっちゃったというのは、うちの親にとってかなりショッキングだったらしく、家族仲もだいぶ険悪になっていたのでね……ささやかな親孝行です。

 

確定申告、難しいですし、不慣れなフリーランスなりたての人は間違ってしまうこともあるかと思います。

もし間違いに気づいたら、後から修正することができるので、税金が戻ってくるようならぜひ面倒がらずに修正しましょう!

SPONSORED LINK