フリーランスなら誰でも痛感することばかり~『プロフェッショナル 仕事の流儀』神谷浩史さんの言葉~

2018年1月7日の夜に放送された、NHKドキュメンタリー番組『プロフェッショナル 仕事の流儀』。

人気声優、神谷浩史さんを追うドキュメンタリーでした。

番組の放送が終わるや否や、ツイッターは「プロフェッショナル」「神谷浩史」「神谷さん」の嵐。

トレンドにも次々これらの言葉が入り、多くの人が胸を打たれた素晴らしい内容だったことが分かります。

この『プロフェッショナル 仕事の流儀』で語られた神谷浩史さんの言葉、声優はもちろん……フリーランス、在宅ワーカーのほとんどの人が「自分にも当てはまる」と見につまされたのではないでしょうか。

痛いほど分かる「休みが怖い」感覚。人気声優の一介のフリーランスも同じだった

まずは、オンエア前のプロフェッショナル公式アカウントからのツイートをご覧ください。

そしてオンエア終了後、「#この声で生きる」のハッシュタグをつけ、神谷さんの印象的な言葉を拾ったツイートが連続で投下されます。

実力派人気声優ではありますが、影ではひたすら努力し続け、良いもの、素晴らしいものを作ろうと心を砕いていることが良く分かります。
もちろん、「声優だからこそ」の言葉も多いのですが、

  • 成功しても誰も褒めてくれないけど、失敗したらむちゃくちゃ言われる
  • 上がりはないんですよ。自分が納得するものを提出しない限りは悔いを残し続けることになる。
  • 向こうが求めている以上の何かを提示しないと、次も求めてもらえないんじゃないか
  • 自分からアプローチすれば居場所を作ってくれようとする
  • 休みは怖いですし、未だに

これらって、フリーランスにもすっごく当てはまるんですよ!

フリーランスの場合、失敗したらむちゃくちゃ言われなくても次の仕事が来ないし

常に提供し続けないといけないし、提供する場所も探し続けないといけない。

さらに、向こうが「このくらいでくるかな」と思っている以上の良いものを提供して次に続けなくちゃいけない

だから、休みがあることが怖い!(でも休みは必要だけどね)

「わかるわ~……分かるわ……」

って、ひたすらそればっかりで

勝手ながら、大声優の神谷浩史さんに一気に親近感が湧きました(似たような思いを感じていらっしゃるんだなぁ、と)。

 

会社員じゃなくて、有給があるわけでも毎日出勤すれば決まったお給料がもらえるわけでもないのが、フリーランスで在宅ワーカー。

神谷さんはこんな言葉も話してらして

この「安定なんて一切ない」という言葉も、「そうなんだよね~~」って思いっきり頷きました。

継続の仕事も急に終了になることがある、それが大きな金額の仕事だったらめっちゃ痛手。

フリーランスは安定とは無縁です。

そこがね。

痛いところではるんだよね……

それでもなぜ、フリーランスを続けるのか。フリーランスを止めない理由

ぶっちゃけ、会社員でいたほうがずーっとラクだと思います。

健康保険も年金も会社員のほうが安いし、有給はあるし、何かあったときに(基本的には)会社が守ってくれるし。

でも、フリーランス、在宅ワーカーを選ぶ多くの人が

  • フリーランスのほうが、やりたい仕事ができるから
  • 面白いから
  • いつでもドキドキワクワクできるから
  • 身軽だから
  • 自分ですべてを決めて動けるから

という思いがあるんだろうなあと。

フリーランスで在宅ワーカーの一人である私は、そう思っています。

神谷さんが声優を続けるのも、その仕事で認められ、ファンがいて、オーディションを受けることもあるけれどオファーもいっぱいくるから、という理由はもちろんあれども……

面白いし、好きだし、ワクワクできるから

だと思うんですよ!

安定できないし、休みは怖いけど、フリーランスになると人生の密度がギューッと濃くなって、本当にいろんなことが面白いんだよね。

腹立つこともいっぱいあるけどね!(笑)

フリーランスだからこその、良いところ、メリット

フリーランスの良いところは、無理して腹立つ相手とずーっと付き合わなくても良いということ。

生真面目な会社員時代のDNAが邪魔して、フリーランンスになった当初は、そういう相手とも辛抱強く付き合ってお仕事をしなくちゃいけないとおもっていましたが

最近は

  • 楽しいと思えない仕事は断る
  • イライラする相手とは仕事をしない
  • 断る仕事が多くなる分、営業も頑張る!

というスタンスで挑んでいます。

「そういうわがまま言ってると、そのうち仕事全部なくなっちゃうよ」

「耐えてこそ成長できるのだ!」

という、昭和スポ根みたいな声も聞こえてきそうですが(ウチの両親は絶対言います・笑)

あのね、大丈夫です。

だって、それがフリーランスだから!

 

自由に仕事を選べるのだから、わざわざストレスが溜まる仕事を受ける必要はないのです。

ちょっとやってみて「これキツイわ」と思ったら、とりあえず最初の仕事が終わった段階で、次はもう受けないと決めています。

けど、その分頑張って楽しくお仕事できそうなところは探し続けています。

 

それを繰り返すと、いつの間にか「楽しくてドキドキワクワクできる仕事がいっぱい!」になっているのです!

うまく立ち回ればストレスフリーになれる可能性も大きいです。

 

大変な時もあるし、安定しないし、休みも怖いけど(笑)フリーランンスって、やっぱり魅力的だなと思います。

SPONSORED LINK