中学生・高校生のワキ毛処理、みんなはどうやってる?おすすめは?

中学生、高校生はもちろん、小学校高学年にもなると、ワキ毛が生えてきます。

冬はまだいいけど、夏は剃ってもすぐ黒いブツブツが目立ち、「体育のときの水泳の授業が憂鬱……」という人も多いのでは。

とは言っても、毛抜きで一本一本抜いていたら時間がいくらあっても足りません。

「大人になったら脱毛を」

「バイトができるようになったら、お母さんを説得して脱毛の契約がしたい!」

と思っていても、小中学生ではそれは難しいし、高校生でもバイトが禁止されている高校だと「お金が😢」ってなりますよね。

中高生におすすめのワキ毛処理方法、教えます!

基本は「剃る」、カミソリではなくシェーバーを使おう!

一番手がかからず、短時間で広い範囲を処理できるのが「剃る」です。

みんなが今、実際にしている処理も「剃る」だと思います。

けれどここで注意してほしいのが、カミソリじゃなくてシェーバーで剃って欲しいということ。

カミソリは1本数百円~高くても千円くらいで変えて手が出しやすいのですが、毛と一緒に皮膚の表面も削ってしまいます。痛くなくて見た目にそれほど変化がなくても、皮膚表面の角質を少しずつ削っているのです。

これがずーっと続くとどうなるかというと、皮膚の表面がテカテカになる「ビニール肌」になってしまいます。

これは腕でも足でも同じ。

ビニール肌になってしまうと、そのあと元に戻すのには長い時間がかかり、完全に元に戻すのもかなり難しいです。

そのため、肌の表面を削らないシェーバーの利用がおすすめです。

シェーバーは、刃を付け替えることで体のムダ毛はもちろん、顔の産毛剃りにも対応できる「一人二役」タイプがおすすめ。コームを付けて眉毛カットできるシェーバーもあります。

お値段もせいぜい2000円くらい。

20代、30代になったときに「全身キレイな女性」であり続けるためにも、シェーバーは早いうちから使っておくべき美容アイテムです。

見た目もかわいいこちらのシェーバーはお値段も安いので、シェーバーデビュー女子におすすめです。

こちらも防水で音が静か、口コミも良いシェーバーです。

毛深くて毛の成長が早い女の子は、「直前にトイレで処理する」でしのぐしかない

とは言っても「夜剃っても、体育の時間の前にはもうポツポツしちゃう😢」という人もいるかも。

私がそうでした。

本当に毛の成長が、自分でもびっくりするくらい早くて苦労しました~😅

そういう人は、ちいさいポーチににカミソリを入れてトイレに持ち込み、トイレの個室で体育の前にシェービングするしかありません。

ポーチにナプキンと一緒に入れておけばごまかしやすいし、自然です。

あとは、ハンカチに包んでポケットに入れておくのもアリかも。

このときはもうシェーバーは使いにくいので(トイレの個室から電子音が聞こえてきたらアレだものね)、T字カミソリを使うしかありません。

T字カミソリの中でも、肌への負担が少ない+キレイに剃れるのがこちら。

ジレットのヴィーナススワールは、女性向けに開発されたT字カミソリで、肌へのあたりが非常に柔らかくて敏感肌でも使いやすく、少し動かすだけでスムーズに毛が剃れる優れものです。5枚刃なので根本からキレイに剃れるところも素晴らしいです!

ワキの処理にワックスはおすすめ?

毛抜きで1本ずつ抜くのは大変だけれど、ワックスで一気に全部抜くならラクなのでは?と思う人もいるかもしれません。

ワックスとは、ドロッとした液体を毛が生えている皮膚に塗ります。するとワックスに毛がくっつくので、その状態で一気にワックスをびりッとはがす方法。

確かに広範囲を一気に処理できますが、毛を根元から抜くため、痛いです。

特に腕やお腹などの細い毛が生えている場所はまだしも、ワキや脚のように比較的太くてしっかりした毛が生えている場所を一気にワックスで抜くのは非常に痛く、毛が太いため、毛穴から流血することも。

さらに、無理やり毛を抜くため次に毛が生えてくる前に毛穴の表面がふさがってしまい、皮膚の下で毛がとぐろをまく「埋没毛」になってしまう可能性が高いです。

そういう意味でも「抜く」処理は本当におすすめではありません。

脱毛シート・テープも同じです。

一番いいのは医療脱毛、お値段はどのくらい?

脱毛にはエステサロンで受けられる脱毛と、病院で受けられる医療脱毛がありますが、永久脱毛ができるのはクリニックの医療脱毛だけ。エステサロンの脱毛は、正確には脱毛ではなく「減毛」で、通うのをやめるとまた生えてきて元通りになる、全然毛が減らないという話も珍しくありません。(広告で見かける、数百円でワキの脱毛ができるのは、すべてエステサロンの脱毛です)

肌への負担が少なく、一度処理すればもう生えてこない(自己処理の回数が激減する)、見た目もきれい、という意味では、医療脱毛の右に出る者はありません。

そのため、「わき毛に悩まない体を手に入れる」なら、医療脱毛一択です!

医療脱毛の金額は、だいたい5回のコースが1万円~2万円が相場。1回あたり2,000円~4,000円で受けられます。

これくらいの金額なら、お年玉から出せるという女の子も多いのではないでしょうか。

ワキだけ医療脱毛したい!安いのはどこ?何回照射すればいい?

医療脱毛って、中高生でも脱毛はできるの?

この医療脱毛、小学生や中学生、高校でもできるのでしょうか。

クリニックによって「何歳からできるか」は違っていて、一部を除いて明確に「何歳から」と提示しているクリニックはありません。小学生、中学生、高校でも通えるクリニックが多く、実際に通っている子もいるのが実情です。

ただし、未成年者は親の同意書が必要。

カウンセリングの際親に同席してもらうか、事前に同意書をダウンロードして(施術を希望するクリニックのホームページからダウンロードできる場合がほとんどです)、署名・捺印してもらったものを持参する必要があります。

私が今通っているリアラクリニック(池袋・名古屋に店舗あり)でも、「高校生で通っている子、いますよ」という話だったので、

「実は医療脱毛しているというクラスメートもいるかも」

というのが令和の現実です!

実際に10代に人気があるコースは

1位 ワキ+Vライン

2位 ワキ

3位 Vライン

だそう。

ワキはもちろん、水着を着る際にVラインからのはみだしも気になる、気にしなくていいようにできるだけきれいにしておきたいという女の子も多いようです。

ワキ+Vラインのコースがある医療脱毛

ワキとVライン(Vのサイドを狭くする、Vの生えている面積を小さくする)を契約すると、料金はどのくらいかかるのでしょうか。

多くのクリニックでは、ワキのコースはありますが、Vラインの外側だけ(ラインだけ)というコースはなく、それぞれ単品で契約することになります。

脱毛したい範囲の大きさによって「Sパーツ」「Mパーツ」「Lパーツ」と料金を分けていることが多く、ワキもVラインもSパーツに分類されます。

渋谷美容外科(渋谷・新宿・池袋・横浜)

ワキ、Vラインどちらも同じ値段

1回 2,500円

3回 5,700円

5回 7,600円

※年齢制限なしだが、15歳以上が望ましい。未成年は親権者の同意書を持参のこと

渋谷美容外科クリニック公式サイト

リアラクリニック(池袋 名古屋)

ワキ

1回 3,700円

5回 10,000円

Vゾーン

1回 13,000円

5回 43,000円

※中学生から施術可能、親権者の同意書を持参すること

リアラクリニック公式サイト

レジーナクリニック(全国主要都市)

ワキ

1回 4,000円

5回 12,000円

Vライン

1回 15,000円

5回 45,000円

※18歳以下はカウンセリングに親権者の同席が必要

レジーナクリニック公式サイト

湘南美容外科(全国主要都市)

ワキ

1回 1,520円

6回 6,090円

Vライン

1回 6,180円

3回 17,730円

6回 29,280円

※17歳以下はカウンセリングに親権者の同伴が必要、18歳以上の未成年は同意書が必要

湘南美容クリニック公式サイト

フレイアクリニック(関東、名古屋、大阪)

ワキ

5回 11,000円

Vライン

5回 40,000円

※18歳以下は親権者の同意書を持参、クリニックが親に電話をして確認。カウンセリングに親が同席するのがベスト。

18歳以上は同意書のみ持参。

フレイアクリニック公式サイト

メアリクリニック(横浜、名古屋)

ワキ

5回 9,000円

※年齢制限なし、未成年でも親権者の同意書があれば施術できる

メアリクリニック公式サイト

皆さんのワキ毛処理、いつか受ける脱毛の参考になれば幸いです。

まずはシェーバーでの処理を習慣にするところから、がんばろう!