【脱毛部】VIO脱毛の痛さってどのくらい?本当に我慢できないほど?

脱毛をしたことがない人がVIOを脱毛したいと思っていろいろ調べたとき、不安なのが「すごく痛かったらどうしよう」と「かなり恥ずかしいんじゃ?」という2つではないでしょうか。

今回はそのなかから「VIO脱毛の痛み」について、VIO脱毛経験者の私がお伝えします!

VIO脱毛の痛みは、脱毛に使うマシンによって違う!

ズバリお答えすると、VIO脱毛が痛いか痛くないかは、どんな方法で脱毛をするかによって全然違います。

ダイオードレーザー蓄熱式で脱毛すると痛みがほとんどなく、それ以外の方法は「痛い」です。

もう少し詳しくみていきましょう!

クリニックで行う医療脱毛は、主に3種類の機械と方式が使われています

  • ヤグレーザー
  • アレキサンドライトレーザー
  • ダイオードレーザー

平均的な日本人女性の場合、アレキサンドライトレーザーかダイオードレーザーが使われます。ヤグレーザーは男性のヒゲなど、太くて濃い毛に対して使うことが多いため、女性に使われることはあまりありません。VIOやワキなどの比較的太い毛でも、多くの場合は呆れサンドライトレーザーかダイオードレーザーが使われます。

アレキサンドライトレーザーの脱毛は、脱毛効果が高いけれど痛い

そのため、この記事ではアレキサンドライトレーザーとダイオードレーザーに限定してお伝えします。

アレキサンドライトレーザーは古くからある脱毛方法で、脱毛効果が高いことで知られています。

例えば、ライトシェアデュエットという脱毛器はアレキサンドライトレーザーを使用していますが、高い脱毛効果が評価され、「ライトシェアデュエットで脱毛できるクリニックがいい」と、わざわざ機械指定で調べて脱毛を受けにくる人もいるくらい、「しっかり脱毛できる」ことが知られている機械です。

アレキサンドライトレーザーは、レーザーの光を発射してメラニンの黒い色に反応させ、毛根を焼き切ってその毛穴からはもう毛が生えてこないようにするという、従来からの脱毛方式。効果も高いのですが痛みも強く、麻酔が必要になることも多い脱毛方法です。

熱波式ダイオードレーザー脱毛も、効果は高いが痛い

ダイオードレーザー脱毛には「熱波式」と「蓄熱式」の2種類があります。そのうち「熱波式」は、アレキサンドライトレーザー脱毛と同じ方式なので、やはり痛いです。

ただ、こちらも脱毛効果は高く、照射後2週間ほどたつと、毛根が破壊された毛がスルスルと抜けていきます。

蓄熱式ダイオードレーザー脱毛は、痛みがほとんどない

ダイオードレーザーのもうひとつの脱毛方式が、蓄熱式です。これは毛根を破壊するのではなく、皮膚の表面と毛根の間にあるバルジ領域という「毛を育てて栄養を与える組織」に熱を加えて破壊することで毛が生えてこないようにする方式。

毛根までレーザーの熱を送る必要がないため、レーザーの照射自体が低い温度(65度)で行われるため、熱さや痛みを感じにくく、「麻酔も不要」と言われる脱毛です。

ダイオードレーザー蓄熱式は最近登場した新しい脱毛方式で、新しくできたクリニックでは、多くがこの方式の脱毛器(メディオスターPro)を導入しています。

ダイオードレーザー熱波式のVIO脱毛の痛み

さて、私はクレアクリニックでVIO脱毛を受けています。クレアクリニックではダイオードレーザー熱波式のジェントルレーズプロという機会か、ダイオードレーザー蓄熱式のメディオスターProで脱毛ができるのですが、特に希望しない限りはジェントルレーズプロでの照射となります。

そのため、私もダイオードレーザー熱波式でVIO脱毛をしました。

クレアクリニックでは3,250円で塗るタイプの麻酔を使用できますが、私は「麻酔無しでも行けるだろう」と思い、麻酔をせずに照射を受けることに。

照射担当の看護師さんが私が麻酔をしている前提で話しかけてきたので、麻酔をしない人は珍しかったようです。

そして気になる痛みですが、「我慢できない」ほどではありませんでした。中心に近いところにレーザーが当たるとやはり痛くて足がピクッと動いてしまうのですが、思わず声が出てしまうくらい痛いということもなく(顔は険しかったと思いますが)

「そこまでビビらなくても大丈夫」

な程度の痛みでした。

ただ、痛みには個人差があると思うので「全員が大丈夫ですよ!我慢できますよ!」とは言えないのですが、麻酔無しで脱毛した人もいる、ということで……。

クレアクリニックでVIO脱毛💓痛み、仕上がり、対応まで、リアル口コミ公開

Twitterとか見ていると、信じられないくらい痛いというような呟きを見かけますが「そこまででもないよね?大げさすぎない?」というのが本音です。

メディオスター(蓄熱式ダイオードレーザー脱毛)なら、麻酔は不要、痛くない!

さて、最近新しくできた脱毛クリニックのほとんどがメディオスターProという蓄熱式ダイオードレーザー脱毛を導入しています。

蓄熱式の脱毛は「痛くない」ため、ほとんどのクリニックが麻酔を用意していないか、用紙していても「使う人はほとんどいませんよ」と言われます。

私自身はまだ蓄熱式ダイオードレーザー脱毛でVIO脱毛をしたことがないのですが、「VIO脱毛初めて!」という人で、蓄熱式ダイオードレーザー脱毛を受けた人がいたので、どのくらい痛いのかを聞いてみました。

すると「毛を掴んで引っ張られる感じがした。痛いのとはちょっと違うけれど、全然がまんできるレベル。麻酔はいらない」とコメント。

痛みに弱い人は、蓄熱式ダイオードレーザー脱毛で脱毛できるところを選ぶと安心です!

蓄熱式ダイオードレーザー脱毛の脱毛効果は?

ここで心配なのは「痛くないのはいいけど、それで脱毛効果が薄かったらいやだな」ということではないでしょうか。

蓄熱式はそれ以外の脱毛のように、「照射後2週間くらいで毛がバラバラと抜けていく」のではなく「自然と毛が育って抜け、抜けたところからはもう生えてこない」という経過をたどります。そのため、「気付いたら自己処理の回数が減ってる!」「あまり生えてこなくなっている」と自覚する脱毛。

このような特徴があるため、1回目や2回目の照射後は、はっきりと「毛が抜けた!脱毛効いてる!」という実感は持ちにくいのですが、3回目の照射が終わると「全体的にほとんど生えてこなくなってる!」というサプライズがあります、

実際、蓄熱式ダイオードレーザー脱毛を受けた人の9割が5回の照射を受けると満足しているという調査結果もあるため、脱毛効果に関してはそこまで心配しなくても大丈夫でしょう。

私自身も鼻下を蓄熱式ダイオードレーザーで脱毛していますが、確かに「3回目が終わってしばらくしてから」、毛が減ってる!と実感できます。

蓄熱式ダイオードレーザーの脱毛は最近出てきた脱毛なので、おそらくこれからその脱毛効果が高く評価されてくるのでは、と予想しています。

蓄熱式ダイオードレーザー脱毛でVIOを脱毛できるクリニックはここだ!

それでは、蓄熱式ダイオードレーザーでVIOを脱毛できるクリニックをお伝えします。

リアラクリニック

池袋、名古屋、神戸に展開するクリニック。お値段安めかつサービスがとても良いことで知られています。対応の良さもピカイチです。

「まるっと全身脱毛5回コース」12万9,000円

(全身脱毛を契約した場合のオプション)VIO脱毛5回 65,000円

VIO脱毛単品5回 88,000円

【体験レポ】リアラクリニック池袋院って実際どう?メリット・デメリット全部教えます

リアラクリニック公式サイト

フレイアクリニック

東京、名古屋、大阪、福岡に展開するクリニック。料金が安いことで支持を受けている人気のクリニックです。

「全身脱毛5回コース」15万8,000円

(全身脱毛を契約した場合のオプション)VIO脱毛5回 31,000円

VIO脱毛単品5回 80,000円

フレイアクリニック公式サイト

GLOWクリニック

東京と大阪、名古屋に展開するクリニックです。お値段は比較的安めで、とことんユーザー側に立ったサービス内容が高く評価されています。私もGLOWクリニックでカウンセリングを受けたことがありますが、感激しました……

GLOWクリニック新宿院の神対応に感激💓安い・対応良い・高サービスだった

「全身脱毛5回コース」18万5,000円

(全身脱毛を契約した場合のオプション)VIO脱毛5回 75,000円

VIO脱毛単品5回 105,000円

GLOWクリニック公式サイト

エムビューティークリニック

新宿に新しくできたクリニックで、とにかく安いことで有名!安さを求めるならここ。

「全身脱毛5回コース」12万円

(全身脱毛を契約した場合のオプション)VIO脱毛5回 68,000円

VIO脱毛単品5回 68,000円

エムビューティークリニック公式サイト

脱毛クリニック選びの参考になれば幸いです。