【脱毛部】カミソリで処理していたら肌が鳥肌になってしまった!どうしたらいい??

先日、あるお悩みサイトを除いていたところ、中学生の女の子からこんな相談が寄せられていました。

「ムダ毛がかなり濃く、カミソリで処理しているのですが、鳥肌になってしまい、肌が黒ずんでブツブツ&チクチクしています。

まだ中学生なので永久脱毛はできないし、どうしたらいいでしょうか」

悩みそのものも深刻だし、この症状もかなり深刻!

「きれいな肌になりたい、脱毛したいけれど親の理解がないし、まだアルバイトもできないから脱毛に通うことが不可能」

という女子小学生、中学生に向けて、脱毛部からアドバイスを送ります。

カミソリで剃る・抜くを今すぐやめて!シェーバーに切り替えよう

まず、皆さんにお伝えしたいのは、

「カミソリでの処理を今すぐにやめて!」

ということ。

カミソリは確かに安価で、処理も簡単。一瞬でムダ毛を処理でき、肌がツルツルになります。

けれどムダ毛と一緒に肌表面の角質も一緒にそぎ落としているため、長く使い続けていると「ビニール肌」という、テカテカした皮膚に変わってしまうのです。

ビニール肌についての記事はこちら

また、相談をした女の子のようにもともと肌が弱い人や敏感な人は、赤くなったり鳥肌のようになったり、肌トラブルを起こす可能性もあります。

じゃあ毛抜きならいいのか、というと、これにも問題があります。

毛抜きでの処理は角質をそぎ落とすことはありませんが、毛穴が炎症を起こしたり、埋没毛になったりというトラブルと隣り合わせ。なにより処理に時間がかかるのが難点です。

小学生・中学生にも無理なくできて、肌に過剰な負担を与えずきれいになれる一番のおすすめの方法は、「電気シェーバーを使うこと」。

肌の表面近くでシェーバーが細かく振動して毛をカットするので、カミソリで剃ったようにキレイに仕上がりますし、何より肌への負担が段違いに軽くなります。

シェーバー自体大して高いものではなく、安いものなら2000円もしないで購入できます。

私自身、「1本で眉毛用とフェイス用」というダブルシェーバーを持っていて、フェイス用で体のムダ毛も処理していますが、特に問題ありません。眉毛の処理にも使えるので、女の子なら1本は持っておくと絶対にいろいろな場面で長く使えます。

私が使っているのはこちら。眉とフェイス用でとても便利。気づけば買ってからもう10年くらい使い続けています。丈夫で長持ち、性能も良く使いやすいです。デザインがシンプルなのも長く使える秘訣ですね。

フェリエの低価格モデルがこちら。お値段は安いけれどデザインはかわいいし、パナソニックなので性能も安心です。

パナソニックはシェーバーの刃の肌へのあたりが柔らかく、刺激が少ないことでも高い評価を得ています。

お手入れした後は、かならず保湿!水分→油分で蓋をして!

カミソリは言わずもがなですが、シェーバーで処理をしたあとの肌だって、まったくのノーダメージというわけではありません。肌は「何かが触れるだけ」でもわずかながらにダメージを受けています(だから、化粧水を手のひらでパンパン叩いて顔に付けるなんていうのはご法度なんです!)

処理をしたあとはお手入れをして、肌のダメージをやわらげましょう。

お手入れ方法は、とにかく保湿。

ドラッグストアで売っている安い化粧水と乳液やクリームで良いので、たっぷり化粧水で水分を補い、その上に乳液やクリームで水分が蒸発しないように「蓋」をします。

私のお気に入りの化粧水(ボディ用)はこちら。たっぷり入っていてお値段は安く、肌への刺激もほとんどありません。

ボディ用乳液部門で、アットコスメで1位を獲得しているのが、ニベアのボディクリーム。「効果」の面で評価が高いニベアなうえ、お値段もお手頃なので気軽に使えるのがいいですね。

 

いずれにせよ、肌に最も負担を与えず、手間をかけずにきれいな状態を維持できるのは「医療脱毛」。

高校生や大学生になったらさっそく医療脱毛を始めるためにも、今からお年玉やおこずかいを少しずつ貯金しておきましょう。

☆こちらの記事も☆

何歳でもOK!キッズ脱毛ができるサロン&クリニックはここだ!