女性がより幸せに生きていくために、すべきこと

私はよく、近所のデニーズで朝食を食べながら仕事をするのですが、今朝、デニーズの「いつも席」に行くと隣に高齢の男性と中年の女性が。

親子が朝食を食べに来たのかな、と思ったのですが、実は全然違って、「離婚を考えている」と夫の父親に話す妻、という二人連れでした。

夫の父は「離婚してシングルになったら、子どもを大学まで出してやれないよ」と

2人がとても深刻な話をしていることに気づいたのはオーダーを済ませたあと。

今さら席を変わるわけにもいかず、スマホをいじりながら注文した朝食が来るのを待ち、彼らの話を聞くともなしに聞きながら朝食をいただくことになりました。

まったく家族に寄り添わず、自分のことにはお金を使うけれど家族のためにはお金を使おうとしない夫に、妻が愛想をつかした……というのが離婚を決意した原因のようで、話を聞きながら「そりゃひどい。そんな夫、早く別れたほうがいいよ!」と内心思っていたのですが、夫の父親はそんな彼女の話を聞いて

「でもね、別れて、それで生活していけないでしょ。子どもを大学まで出してやるには、お金が必要なんだよ」

と口にしたのです。

いやまて、離婚や別居になったら夫が養育費入れるものだけど!?

と思わず口を挟みそうになりながらも黙って聞いていると、妻は去年まで扶養控除内で働いていたけれど、今年から扶養を抜け、非正規社員ではあるけれどかなりの時間働いているよう。

さらに「私はけっこう長く働いているので、社員になりたいと希望すれば社員になれるはずです」と。

「けど、子どもを大学にやるにはね、最低でも年収500万円くらいないと厳しんじゃないの?」

と夫の父。

そもそも、なぜ子どもの学費を全部妻が出すこと前提なのかがものすごく疑問なのですが、妻は

「去年より今年と、収入が上がるように私も頑張っている。正社員になれれば収入ももっと増えるはずだから」

と抵抗。

夫の父は、できれば離婚してほしくないために、収入の面から彼女を説得しようとしていたようでしたが、彼女は少しずつ「夫の収入に頼らずに、子どもを育てながら生活していく準備」を始めていました。

女性が本当に幸せな未来を手に入れるには「自分で稼げる力」が必要

夫の父との会話の中で彼女が言った言葉の1つに

「〇〇さん(夫の名前)に頼らず、自分の稼ぎで生活していけなくてはいけないと思っていますから」

というものがありました。

 

これって、彼女に限らず、すべての女性に必要だと、私は思っています。

 

結婚するとき、妙齢になって付き合う相手を選ぶとき。女性は「相手の収入」を気にしがち。まあ、それは誰だってそうで、年収800万と年収200万なら、年収800万の男のほうが魅力的に思えます。

けれど、年収800万の男と結婚したら絶対に幸せになれるかというと、けしてそうではありません。

だって、その年収を、妻のため、家族のために使うとは限らないから。

 

さきほどの夫婦の話がまさにそうで、夫は結婚して15年の間に何度も車を買い替え、バイクを2台所持し、けれど家族旅行に出かけたのは10年前にたった1回きりだそう。

妻は子どもの思い出作りのためにも、子どもが小さい頃に行った沖縄にもう一度家族みんなで旅行したいと思い、夫にそれを何度も提案したけれど(子どもも沖縄旅行に行きたがっていた)、夫の「興味ない」の一言で結局実現していないのだそうです。

 

そんな男と結婚して、幸せ!?

だったら、年収が少なくても家族思いで、何より妻や子どもを優先してくれる人と一緒になったほうが絶対に幸せになれるに決まっています。

けれど、「年収」という枠を最初に設定して相手を探すせいで、そういう「人間性」にまで目を配れないのは悲しすぎる……。

 

女性が結婚をするときに相手の収入を気にするのは、自分に稼ぐ力がないから。けれどそれは、結婚後相手に生活の依存をすることにつながり、結婚して生活を共にするうち、相手が実はクズだったと気づいても、自分に生活力がなければすぐに離婚をして次の相手を探すこともできず、大切な人生の時間をすり減らすことになってしまいます。

 

けれど、自分である程度「稼げる力」があれば、相手がクズだと分かった時点でさっさと見切りをつけてもっと良い相手を探しに行くこともできますし、「私が稼げるから、相手の収入はほどほどでいい。ちゃんと働いている人なら、人間性とルックス重視で選べる!」と、違う視点で相手を探せます。それこそ、収入重視の女性が見落としていた「収入は少な目だけれど、そこそこイケメンで性格もいい」男性と出会えるチャンスが広がるんです。

今日、こんなステキなツイートが流れてきましたが

私はさらに、「自分で稼げる力を身につけ、男に頼らずに生きていける経済力を自分のものにすること」も、同じくらい大切だと思います。

今の仕事が「稼げない」「ブラックな職場」なら、転職を

今の職場でこのまま働いても「稼げない」「昇給が見込めない」人は、すぐに転職すべき。ブラックな職場ならなおのことです。

けれど

「年齢が……」「たいしたスキルもないし」

と、後ろ向きになる人も多いでしょう。

 

大丈夫です!!!

今は、バブル期以上の人手不足で有効求人倍率はどんどん上がっています。

画像出典 労働政策研究機構

2000年頃の超就職氷河期を経験した人は「一度会社を辞めたら次の仕事を見つけるのがすごく大変」という恐怖をトラウマのように持っていることが多いのですが、今はそもそも、多くの会社が「人手不足」。

「経験より人柄」

「未経験でもいいから、やる気のある人材が欲しい」

「年齢は問わない。元気に動けるならOK!」

という会社がとても多いのです。

今こそ「やり立った仕事」「手に職をつけられる仕事」「正社員として雇用してくれる会社」を探して転職し、自分の底上げをはかるべき。

もちろん、フリーランスになるという道もアリですが、何の経験もない人がいきなりフリーランスで成功するのは難しいため

今より収入を増やせる仕事に転職して貯蓄を増やしつつ、フリーランスになる準備をするのが正解です。

これから始める仕事で作った人脈が、フリーになってから役立つかもしれないしね!

フリーター・既卒・未経験から正社員を目指すならこちら
キャリアアドバイザーと後悔のない仕事探し「キャリアの実」

幅広い転職に力強い味方
キャリアパーク就職エージェント

SPONSORED LINK