【脱毛部】図解・エステの脱毛が何回やっても終わらない理由を教えてもらった

きれいになりたい、ツルツルのお肌になりたい一心で、大枚をはたいて通う脱毛。

エステにするかクリニックにするか、悩ましいところですが、「お金」「料金」「安さ」という面からエステでの脱毛を選んできた人もたくさんいます。

私もずいぶんエステに通ったので、分かる。

クリニックで受ける医療脱毛は高い!(効果が高いのは分かってるけど!)

ところが……

実は最近、いろいろな人に脱毛についての話を聞く中で

「エステで全身脱毛を受けたけれど、何回通っても終わらない」

「エステで20回も照射したのに減らなくて、追加購入を勧められたけれど納得できない」

「エステをいくつも変えて脱毛したけれど、どれだけやっても脱毛が終わらなかった。最終的にクリニックに変えて、満足するレベルになった」

という、エステでの脱毛がどれだけやっても終わらなかったから、クリニックに乗り換えた人にたくさん出会ったのです。

彼女たちは共通して「脱毛に100万円以上はかけてるけれど、これだけかかると分かっていたら最初からクリニックで医療脱毛した!」と話してくれました。

けど、なぜエステだと「どれだけ照射しても脱毛が終わらない」の?

エステだって、たくさんの回数照射すれば、いつかは脱毛が終わるんじゃないの??

そういう疑問があったのですが……

 

エステでの脱毛が終わらない理由を、ある方がとても分かりやすく説明してくれたので、その情報を共有します!

エステの脱毛が終わらない理由

よく、エステの脱毛は「光脱毛でパワーが弱いから」終わらないと言われますが、「どうしてパワーが弱いと終わらないのか」まで具体的に話してくれた人はいませんでした。

クリニックで受けられる医療脱毛は「出力の高いレーザー脱毛で、毛根まで破壊できるから短い回数で脱毛が終わる」という話をよく聞くのですが、

でも運が良ければエステの脱毛でも毛根が壊れるんじゃないの?

なんて思っていました。

クリニックの医療脱毛のほうが早く、少ない回数で、確実に効果が出るけれど、

エステの脱毛も時間がかかると言われているけれど、最終的には終わるし、エステでもツルツルになるはず

と思っていたのです。

 

けど、そうじゃなかった!

手書きのつたない絵で恐縮ですが、ご覧ください。

これ、毛です。

皮膚から毛が生えているところで、毛の根本にメラニンがあります。

エステの光脱毛や、医療機関で多く使われているアレキサンドライトレーザー、ヤグレーザーは、このメラニンに光を当てて反応させる仕組みです。

ところが、医療機関で使われるレーザーは、このメラニンを確実に削るか破壊するのに対し、

エステの光脱毛は、メラニンにダメージを当てて「小さくする」ことしかできないのだそう!

エステでの脱毛のイメージ

メラニンが小さくなると、生えてくる毛が細くはなるけれど、メラニンがなくなるわけではないので、またそこから毛が生えてきます。そのため、「何度エステで照射しても、細い毛が生えてくる」現象が起こるのです。

エステに通うのをやめたら、また毛が生えてくる不思議

さらに、エステでの脱毛は、繰り返し照射してもメラニンは少しずつ小さくなるだけで、「なくなる」「消える」「破壊される」ことはありません

そのため、毛穴の奥にはずっとメラニンが残っています。

すると当然

「サロンで照射している間は毛が細くなって生えてこなくなる(気にならない程度に毛が細くなった)けれど、通うのをやめたらまた生えてきた」

「サロンの脱毛でコースを消化したら、細くなっていた毛がまた太くなった」

という現象が起こるのだそう!

サロンで何度光を照射しても脱毛が終わらないのは、こういう理由からだったのです!

で、さらに。

脱毛は、光をメラニンに反応させることで、メラニンを破壊したり削ったり(医療脱毛の場合)、小さくしたり(エステの脱毛の場合)して、毛が生えるのを抑制します。ところがメラニンが小さいと光を当てても反応しずらくなるため、ワキやVIOなどの太い毛は比較的早く効果が感じられるのですが、産毛のような細い毛の脱毛に効果を実感できるようになるのには時間がかかります。

そのため、

「産毛がなかなか脱毛できない」

「顔やうなじの脱毛に時間がかかる」

という現象が起こるのです。

産毛もすぐに脱毛できる、蓄熱式ダイオードレーザーでの医療脱毛

ところで、最近新しくできた脱毛クリニックがこぞって導入しているのが「蓄熱式ダイオードレーザー脱毛」

メディオスターという名前の脱毛機を導入しているクリニックが多いです。

このメディオスターは「メラニンに反応させる」方式ではなく、毛を生やしたり栄養を送ったりという、毛の成長や生死に対する司令塔の役割をするバルジ領域にダメージを与え、バルジ領域を破壊するシステムです。

蓄熱式ダイオードレーザーの脱毛

バルジ領域はメラニンより浅い(皮膚の表面に近い)位置にあるため、低温の照射でも破壊が可能。そのため、肌への負担が少なくやけどする心配も少なく、産毛や細い毛にもしっかり反応します。

さらに、メラニンが関係しないので日焼け肌や金髪だって、脱毛OK!という画期的な脱毛機、脱毛システムなのです。

……って聞くと、メディオスターでバルジ領域を破壊する医療脱毛がいい、って思うよね。

エステの脱毛は、お金を無駄にするだけかも……

話は戻りますが、エステで脱毛をこれでもかというほど頑張って、結局ダメでクリニックに乗り換えたという人に何人も会って話を聞いたことと

エステの脱毛はメラニンを小さくするだけで、メラニンがなくなるわけではない

という2つの理由から

エステで脱毛するのって、ムダじゃない????

と思っています。

だって、問題の原因を除去していないんだから、繰り返すに決まってるじゃん!

と考えると、多少高い料金を支払っても、クリニックに通って確実に終了させたほうが良いに決まってる……

結局最後はクリニックに行って完了させた

という人の多さからも、それは確実かな、と。

医療脱毛は安くなっている!エステと変わらない金額で脱毛できる!

「高い」イメージがあった医療脱毛ですが、実は脱毛クリニックが増えるにつれて価格破壊を起こし、今はエステとほぼ変わらない値段で脱毛ができるところも増えています。

例えば、当サイトがイチ押ししているリアラクリニックは、顔とVIO、うなじを除く全身5回の医療脱毛がたったの185,000円。

GLOWクリニックVIOを含めた全身脱毛5回が260,000円

エイトビューティークリニック顔とVIOを入れても5回で258,800円と激安(見えるところだけ、5回49,800円 期間限定という激安プランもあり)

この値段で脱毛できるなら、エステに行く意味ないでしょ???

しかも、メディオスターなどの蓄熱式ダイオードレーザーの脱毛は1カ月に1回通って最短で約8カ月で終了、なんてプランで通えます。予約が取れて安いクリニックが見つけられたら、そこで契約するのがベストだとしか思えません。

 

時間もお金もかかるというイメージがあった全身脱毛。今はクリニックの脱毛革命が素晴らしく、安い値段&短い期間で脱毛できるように変化しています。

「確実に終わる脱毛をしたい」「無駄なお金はできるだけ払いたくない」のなら、医療脱毛一択です!

安い料金で脱毛完了できるクリニックはどこ?

2019年夏版・東京で本当におすすめの医療脱毛ベスト3

SPONSORED LINK